WUNI232cは Windowsのみに機能を限定して、MITライセンスで配布しております。
下記はUNI232C(WIN+アンドロイド版)の内容となっております。
WUNI232cのダウンロードは
こちらから

製品説明

DELPHI XE10 Seattle で使用できる、232c通信用コンポーネントDcu,o版です。
(Windows、Android で232c通信できます。)
評価版は、約50回もしくは、2017/3/31まで使用できます。
規定回数後はエラーとなります。

特徴

・Android様の各社用の232cドライバーを作成しなくても良い。
現在、FTDI/Prolific/SILICON LABS 232/南京沁恒电子有限公司(CH340)、mbed1768、USB CDC で動作いたしますが、確認の上、御使用ください。
(OEM版の対応は非対応)
・AndroidもWindowsも同一コードで動作。
・Windows上で動作を簡易確認できる。
・Androidでも動作可能。

※Android 機器に接続する場合にはOTG ケーブルが必要となります
※OTGケーブルは、100円ショップ等でも購入可能です
こちらのケーブルはクオリティーが非常に高く、アンドロイド側のコネクターをしっかりとつかむのでお勧めです。(写真のものは、usb micro 端子となりますので、確認上、ご購入ください。)
ogt2

 

使用上の注意点

・USBハブの使用について、このコンポーネントはAndroid時USBハブの使用は考慮していません。
・失敗時は負(-)数が返値となります。
・PL2303 では、DTS/DSR FLOWはサポートしていない?模様です。よって弊社もサポートしません。
・OEM 版でファームやVID/PIDが異なる場合は動作できない場合があります。

ICサポート状況

support coum表:アンドロイド時サポート状況
注:Windows時はドライバーに依存します。

使用方法

1.ポートのopen
Port,Baudrate,FlowControlを設定し、ポートをopenします。

2.データのRead/Write
2-1.Write Method
Write は1回に最大64byte 書込みができます。返値は書込みバイト数です。失敗時は負(-)の返値となります。
2-2.Read Method
Read は1回に最大64byte  読込みができます。返値は読込みバイト数です。失敗時は負(-)の返値となります。

(ftdi時は60byte?程度)(cp230xは通信の切れ目を覚えている模様です。なので一端通信が切れると次の読込みで入ってきます。)
WINDOWS時はバッファの容量を設定できますが、アンドロイド側に合わせて設計します。

注意事項
連続転送、受信時の注意事項
各ic自身でバッファしていますが、使用icと転送レートにより、Wait間隔や、読込みのポーリング時間を決定してください。
(pl2303は、256byte 出力バッファ/256byte 入力バッファ もしくは、128byte 出力バッファ/384byte 入力バッファ)
(ft232Rは、256byte 出力バッファ/128byte 入力バッファ)
(CP2102は640byte 出力バッファ/576 byteの入力バッファ)
(wch340は不明)
その他の型番のIC時は、データシートを参照ください。
上記は参考値であり、各メーカーの仕様書にて確認ください。

3.ポートのCLOSE
終了時にCLOSEを実行してください。

動作例

Android動作例:

入手方法

サンプルのダウンロードはこちら
download

正規品の購入はこちら
order

1012月/15

セグメントエディタ

7セグメント、UNIONJACK、5×7のドットマトリクスの各種セグメントの割り当てをグラフィカル行えるエディターです   ・EXCEL等で編集する必要がない ・BIT並びを簡単に修正できる ・コード出力機能がRead More…